新潟屋のこだわりご利用案内カートを見るマイページお問い合わせサイトマップトップへ
アートコレクション
アートコレクション
写真で描く新潟の風土
生産者紹介
生産者紹介
新潟屋が取り扱う商品の
全生産者を掲載しています
おすすめのリンク集

ほめ達 新潟支部
HOME»  生産者紹介 お酒 一覧»  ■鮎正宗酒造について

■鮎正宗酒造について

鮎正宗酒造

 鮎正宗酒造株式会社 


創業 1875年
所在地 新潟県妙高市大字猿橋636
電話番号 0255-75-2231
FAX 0255-75-2328
ホームページ http://www.ayumasamune.com/

■鮎正宗酒造について


  県境の高い山並みに向かう道路が曲がりくねり始めるあたり、道路のすぐ脇の窪地にひっそりと、でも堂々とした存在感を漂わせた茅葺きの大きな屋根の母屋があります。ここが今回ご紹介する妙高市の「鮎正宗酒造」です。
  太いケヤキの梁が幾重にも組み上げられた屋根裏は、茅葺きの屋根の上に積もる、人の背丈を遥かに超える雪の重さを100年以上の間しっかりと受け止めてきた、歴史と力強さを感じさせます。前の道路を車が通らなければ、あたりはしんと静まり返り、湧き水が水溜めの中に落ちる音だけが絶え間なく響き渡る、のどかで豊かな自然に囲まれた山間です。

  しかし冬になるとその様子はきっと一変し、雪に覆われた薄暗い火の気の無い建物の中は、水溜めから飛んだしぶきを凍らせる程の寒気が隅々まで満たし、凛とした澄み切った空気が蒸し上がった米の湯気と混じりあう中で人々が忙しく動き回る、そうここはそんな酒造りが行われる酒蔵なのです。

 

鮎正宗酒造 玄関

鮎正宗酒造 萱葺き屋根

萱葺き屋根

鮎正宗酒造 外観

鮎正宗酒造 外観

  ここ鮎正宗酒造で造られる清酒は、競争の極めて厳しい新潟県の酒造業界の中で、最近特に注目を集め愛飲家が増えてきており、最近の5年間で生産量が5倍になった程の人気蔵なのです。その旨さのわけは幾つかあるのでしょうが、そのひとつはこの蔵の敷地内に湧き出る豊富な自然水ではないでしょうか。それは口に含むと新鮮でありながら良く練れていて口に何の障りも無く、甘みと思えるような柔らかさのある美味しい水なのです。それが数箇所の湧き出し口から出ていて、それらを合わせると1時間に6トンもの量になるのだそうです。

酒蔵自慢の湧き水

酒蔵自慢の湧き水

わさびも自生するほどのきれいな水

わさびも自生するほどのきれいな水

取締役営業部長 飯吉富彦氏

取締役営業部長 飯吉富彦氏

代表取締役 飯吉守氏

代表取締役 飯吉守氏




ウィンドウを閉じる