新潟屋のこだわりご利用案内カートを見るマイページお問い合わせサイトマップトップへ
アートコレクション
アートコレクション
写真で描く新潟の風土
生産者紹介
生産者紹介
新潟屋が取り扱う商品の
全生産者を掲載しています
おすすめのリンク集

ほめ達 新潟支部
HOME»  生産者紹介 日本酒 一覧»  ■DHC小黒酒造について

■DHC小黒酒造について

小黒酒造

DHC小黒酒造株式会社

商標 越乃梅里
創業 1908年
所在地 新潟県新潟市北区嘉山1-6-1
電話番号 025-387-2025
FAX 025-387-3702
ホームページ http://www.bairi.net/

■ DHC小黒酒造について

 ここ小黒酒造の酒造りは、他の蔵と少し違っています。 一番の違いは酒造りの司令塔であり総責任者の杜氏を置いていないことです。 杜氏は現場すなわち酒蔵の長として酒造りの全てを経営者から任されるわけですが、今はその杜氏がここにはいないのです。 それは古い慣習や観念に囚われない若い人達の発想や意欲や力を思う存分発揮できる環境で酒造りをやろうとの社長の思いからのようなのです。

 それではここ小黒酒造の造る酒は、酒造りの本道から外れた変わった酒なのかと言うと決してそのようなことはありません。 むしろ取材当時の社長の小黒秀平氏が就任した平成5年以降、ほぼ毎年のように関東信越国税局酒類鑑評会で金賞を受賞し、特に平成7年には主席第1位を受章しております。 また全国新酒鑑評会でも金賞受賞の常連であり、およそ100年の歴史を持つ正統派で実力ある優れた酒蔵なのです。

小黒酒造 蔵
 

小黒酒造 蔵

ラベル貼り

ラベル貼り作業

若手の蔵人も多い

若手の蔵人も多い

 ここ小黒酒造のお酒を理解していただくためには、「食」のことからお話ししなければなりません。 つまり安全で安心して美味しく食べることができて、しかも食品としての栄養やビタミン、ミネラルなどのバランスの取れた 食事をとることが食の基本にあるとの考えです。

 このような「食」を取り巻く環境の中でさまざまな疑問を感じた小黒社長は、こだわりの原料から造る、 安全で安心して美味しく飲める酒造りをしようと心に誓ったのでした。

小黒酒造
 

貯蔵タンクが並ぶ
 

貯蔵タンクが並ぶ

 そしてその取り組みのひとつが「有機JAS認定工場の取得」でした。食の安全に対する危機感は一般消費者の方々にも拡がりつつあり、 米や野菜に対する農薬や化学肥料を使わない有機農法への関心が高まっていることを肌で感じた小黒社長は、本格的な有機農法によって作られた米を原材料にし、 有機JAS法に則った生産工程管理による酒造りを行うため、全社挙げての懸命の取り組みにより、苦心のすえ平成14年に有機JAS認定工場の登録をし、 「有機」や「オーガニック」の表示ができる酒造りを始めたのでした。

仕込み水のタンク

仕込み水のタンク

有機栽培米

有機栽培米

貯蔵タンク

 小黒酒造の取り組みの根底にある考え方は、 米作りにも酒造りにも共通していること、それは微生物が働ける最良の環境を整えてやることだと言います。土の中では微生物が活性化することで 地力が高まり農作物が生き生きと育ち豊穣な恵みを与えてくれますし、酒造りでは麹菌や酵母をはじめとする微生物がもたらす発酵作用が、 日本酒と言う自然が創り出す傑作を醸し出してくれるのです。

 この考えに基づいて造られる定番酒は、「越乃梅里」の酒銘で出されており、 新潟県内だけでなく首都圏をはじめ全国的に固定的なファンを獲得しているのです。
 今までの常識に真っ向から挑戦するこの新たな酒造り、是非皆さんも一度ご自分の口で確かめてみてください。きっと新しい世界が見えるはずです。



 

小黒酒造の商品のご購入はこちらから