新潟屋のこだわりご利用案内カートを見るマイページお問い合わせサイトマップトップへ
アートコレクション
アートコレクション
写真で描く新潟の風土
生産者紹介
生産者紹介
新潟屋が取り扱う商品の
全生産者を掲載しています
おすすめのリンク集

ほめ達 新潟支部
HOME»  アートコレクション»  筒場太山プロフィール

筒場 太山  (写真作家)
   つつば          たいざん
 

新潟社会保険センター写真講座講師を
経て現在新潟日報カルチャースクール
写真講座講師・同フォトショップ講座
講師、写真クラブ顧問、TAIZAN会名誉
会員、フリーランス


■独学で写真を学び、1986年全国公募美術コンクール連展ニコン賞、87
年同東京都知事賞、88年同グランプリを受賞。写真家として活動を始める。
■1989年の初個展『四季天描』(新潟伊勢丹企画展)において、高名な写真
評論家・重森弘淹氏(故人)より高く評価され、以後氏の薫陶を受ける。個展
『光の提言』(東京八重洲ブックセンター企画展)以降、絵画の良さを写真に
採り入れた新しい写真表現を開拓。続いて発表した『響』(筒場大山写真展
実行委員会企画展)では、特に大きな反響を得て、2000年栃尾市美術館にお
ける『筒場大山展・写真画への布石』(開館5周年記念事業展)でパイオニア
としての地位を確立した。初個展以降ほぼ毎年、県内を主体に東京都内・横
浜・名古屋等で開催してきた個展は27回(合同展3回を含む)を数える。
■2005年より、1原版1作品、1枚限定完全オリジナルプリント作品を提供。
コンピュータを駆使し撮影からプリントワークに至るまですべてを自らの手
で仕上げる。写真の写実性を見事に絵画化し、写真表現における独自の世界
を創った。

■一方、長年アマチュア写真家の指導育成にあたり多数の個展を企画補助。
2006年には写真講座「楽しむデジカメ」を開講し誰もが手軽に楽しめる写
真を提唱。また2013年には「楽しむフォトショップ」を開講。実践と深い
洞察力から磨き上げた独自の写真論をバックボーンに広く写真の普及活動
に努める。そのオリジナリティーあふれるユニークな講義には定評がある。
■2012年よりアマチュア写真家にステータスと発表の場を提供する公募展
『写真力』展(主催:TAIZAN会)を開催。写真の持つ優れた記録性に着目し
た写真本来の確立をめざす。


アートコレクションへ